クレジットカードをお得に選ぶ

はじめまして、サイト運営者のTWです。

このページはいままで使ってきたクレジットカードの情報を再度確認し
使いたいカードをお勧めすることを目的としたサイトです。

はじめに

冒頭にも書いた通り、クレジットカードは現在2億7千万枚となっており
一人当たりの(18歳以上の)保有枚数は2.7枚/人となってます。

多くのクレジットカードが発行されている中、雑誌の特集や
このような紹介サイトの情報が非常に重要となっています。

クレジットカードをお得に選ぶってどういう意味?

雑誌等やWEBの情報でも、非常に限られた情報のみ伝わっていると思います。

クレジット会社のパブリシティや、年会費無料という名のおすすめポイントだけで選んでませんか?
クレジットカードの還元率だけでカードを選んでいませんか?
クレジットカードのブランドだけでブランドを選んでいませんか?

ポイント、保険、還元率等、選ばれる方が重要視している点は様々です。

海外でのショッピングでの事故に備える、海外で飛行機が遅延した際の補償を行う、海外で事故を起こした際の補償を出せる。

保険関連だけでこのような様々なサービスがあります。

例えばこのようにサービスが年間5000円かかっても
月に直せば月に420円
スタバのスタバックス ラテ グランデサイズ相当で維持できます。

私は以下のカードを使用しています。

  1. メインカード AMEX ANA-SFCカード
  2. サブカード  楽天カード

過去に使っていたカード

  1. JCBゴールド
  2. AMEXビジネスカード(法人)
  3. 三井住友VISAカード ANA-ワイドゴールド
    等々10枚ほど

過去に使っていたカードは少ない情報のなか、還元率とかマイルとかに振り回されて作ってしまいました。
かなりの数作ったことになりますね。

今、クレジットは何を基準に選べばいいのか

仰る通りです。本サイトでは、多くの情報をわかりやすく説明します。

大事な要素は必ず記載します
年会費、旅行保険、ショッピングプロテクション、空港ラウンジサービス コンシェルジュサービス 大事な要素はたくさんあります。

どのカードも何かしらの違いがあり、メリットデメリットがありますがしっかりお伝えします。

それが本サイトのポリシーです。
広告やキャンペーンをみて後押しをしてお勧めすることがあっても
できるだけ意味のない広告は載せません。

ポイントについてですが
年会費が高いからポイントが低いとか
年会費が無料だからポイントが高いという点数付けはしません。

冒頭にも書きましたが、海外旅行に多く行く方もいらっしゃるでしょうし、ネットで買い物をする方もいるでしょう

そういったライフスタイルと合致するかを見たうえで評価します。

なるべく多くのカードをご紹介する予定です。
現在の記事一覧です。

是非ご覧になってご自身のカードを選んでください。

また、率直なコメントいただければありがたいです。
フォームからぜひお送りください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする