マイル系上級会員カードへの道

こんにちはTWです。

以前紹介したマイル系のクレジットカードのうち
どのタイミングでどのカードを申し込むと効率がいいのか
今回本気で調べました。

過去記事です。

航空系クレジットカードでマイルの取得を考える 
航空系クレジットカードでマイルの取得を考える 
こんにちはWTです。 今回はマイル系のカードについてお伝えしたいと思います。 航空会社マイル系のカードについ...
ANAカード特集 レギュラーカード比較
ANAカード特集 レギュラーカード比較
こんにちはTWです。 一旦航空系のカードで単独記事を書いたのですが、もう少し深堀してお伝えしたいなと思っていました。 前回の記事...
JALカード特集 レギュラーカード比較
JALカード特集 レギュラーカード比較
こんにちはTWです。 昨日ANAレギュラーカードの記事を起こしました。 レギュラーカードだけで13枚あったので 調べたときは正...

マイル系永続的上級会員の道

スポンサーリンク

そもそも上級会員ってなんなの?

航空会社にとって大切な顧客への会員サービスです

そのため、顧客が航空会社を変えないように非常に搭乗回数の多い顧客やビジネスクラス利用の顧客のために以下のサービスを行っています。

  • マイル搭乗率のUP
  • 航空会社運営のラウンジ使用
  • 早期予約の開始日の前倒し
  • マイル使用での国内/海外の予約枠を別枠設定
  • アップグレードクーポンのプレゼント

多くはこのサービスを行っています。

上級会員専用のクレジットカードがある

搭乗回数の多い顧客はそれだけ「フライトによる費用を払っている」お客様です。

1回での搭乗も普通に10000円~の費用を払っているので
航空会社としては売り上げのベースが増えることになります。

そのため、上級会員専用のカードを用意し、上記のサービスを国内だけでなく、海外においても同じアライアンスメンバーであれば、ラウンジ利用等を利用できるサービスを展開してます。

なお、上級会員に発行されるクレジットカードはそのカードが失効しない限り、翌年度フライトが0でも上級会員のままです。

私もANAのプラチナ会員になり、上級会員しか発行ができないスーパーフライヤーズカードを持っております。

具体的にはどうすれば入会できるのか

JAL/ANAなど各航空会社はそれぞれアライアンスを組んでます。

JALはワンワールド ANAはスターアライアンスです。

このアライアンス内であれば、上級会員はどの航空会社でも上記のサービスを受けられます。

ただし期間は1年更新です。

この場合のマイル換算ではなく下記のポイント制になります。

  • JALにおいてはFLY ONポイント
  • ANAにおいてはプラチナポイント

こちらは基本国内は規定マイル(早割等の場合は減算)の2倍

海外の場合は1倍(アジア圏の場合は1.5倍になることもある)

この条件をクリアしていれば上級会員の期間中のみ作成可能です。

JALの上級会員を取得するには

JALの場合は毎年1月から12月までの1年間の搭乗時の距離に応じたFLY ONポイントにより異なります。

JALマイレージバンク
上級会員基準
必要FLY-ON ポイントその他の条件JALグローバルクラブ
カードの入会
ダイヤモンド100,000ポイント
うち5万ポイントは
JALグループ便
年間120回搭乗かつ
35,000FLY-ONポイント
可能
サファイア50,000ポイント
うち25,000ポイントは
JALグループ便
年間50回搭乗かつ
15,000FLY-ONポイント
可能
クリスタル30,000ポイント
うち15,000ポイントは
JALグループ便
年間30回搭乗かつ
10,000FLY-ONポイント
不可

表にまとめましたが

  1. FLY ONポイントのみでの達成状況
  2. FLY ONポイント(基準が下がります)かつ登場回数

どちらかの条件が必要になります。

クリスタル会員は上級カードを発行できません

ANAの上級会員を取得するには

ANAの場合も毎年1月から12月までの1年間の搭乗時の距離に応じたプレミアムポイントにより異なります。

ただし、JALのような登場回数を考慮に入れた条件はありません。

かつてはありましたが、基準はプレミアムポイントのみです。

ANAマイレージバンク
上級会員基準
必要プレミアム ポイントその他の条件ANAスーパーフライヤーズカードの入会
ダイヤモンド100,000ポイント
うち50,000ポイントはANAグループ便
150,000ポイントで
限定特典あり
可能
プラチナ50,000ポイント
うち25,000ポイントはANAグループ便
80,000ポイントで
限定特典あり
可能
ブロンズ30,000ポイント
うち15,000ポイントはANAグループ便
不可

こちらもブロンズ会員は上級カードを発行できません

効率的に上級会員になる方法

上級会員になるために飛行機に乗るというのも本末転倒かと思いますが、JAL、ANAともに「修行」という形で予算を抑えながら、上級会員を目指す方がいます。

私も一旦、スーパーフライヤーズカード(三井住友VISA)を取得した後、フライトが上級会員に達しなかったため、(厳密的には失効ではありませんが)再度「修行」してAMEXを取得しました。

Googleでマイル 修行 で検索すればルートや獲得ポイントなどは検索結果にでますので省略しますが

羽田ー那覇ー羽田ーシンガポールー羽田ー那覇ー羽田
というSIN(シンガポール)タッチ等が有名です。

大体おおよそ50万位の金額で上級会員になれます

永続的に資格を受けれるので海外に行かれる方や出張の多い方にはお勧めです。

JALグローバルクラブカード一覧

JALの上級会員のグローバルクラブ(JGC)は以下のカードです。

AMEX JGC プラチナ
AMEX JGC Club-Aゴールド
JAL JGCダイナースカード
JGC JCBプラチナ
JCB CLUB-Aゴールドカード
JCB CLUB-Aカード

年会費情報です。

カード名年会費(税込)家族カード発行ブランド
AMEX JGC プラチナ3348027000アメリカン・エクスプレス
AMEX JGC CLUB-A ゴールド2052020520アメリカン・エクスプレス
JGC ダイナース3024023760ダイナースクラブ
JAL JCB プラチナ3348027000JCB
JGC CLUB-A ゴールド1728017280VISA/MASTER/JCB
JGC CLUB-A 1080010800VISA/MASTER/JCB
CLUB-A 発行カード(ゴールド/一般共通)
MASTERCard

VISAカード

JALカードSuica

JALカードTOP&ClubQ

JALカードOPクレジット

 保険対象はJGCカードの元カードに準じます。
(例:JGCプラチナ→プラチナ)

ANAスーパーフライヤーズカード一覧

ANAの上級会員のスーパーフライヤーズ(SFC)は以下カードです。

ANA SFC 一般

ANA SFC ゴールド

ASFC ダイナースクラブ

ANA SFC] AMEX ゴールド

ANA SFC プレミアム

ダイナース SFC プレミアム

ANA VISA SFC プレミアム

ANA AMEX SFC プレミアム

年会費情報です。

SFC表記年会費(税込)家族カード発行ブランド還元率
ANA SFC 一般110705508JCB/VISA/MASTER1%
ANA SFC ゴールド162008100アメリカン・エクスプレス1%
ANA SFC ダイナース3024011340ダイナースクラブ1%
ANA AMEX SFC ゴールド3348016740アメリカン・エクスプレス1%(ANA決済2%)
ANA JCB SFC プレミアム756004320JCB1.3%
ANA ダイナース SFC
プレミアム
167400無料ダイナースクラブ2%
ANA VISA SFC プレミアム 864004320VISA1.5%
ANA AMEX プレミアム162000無料(4枚まで)アメリカン・エクスプレス1%(ANA使用2.5%)

ANAのスーパーフライヤーズカードはカードによって還元率が異なります。しかも年会費が総じて高いです。

保険対象はSFCカードの元カードに準じます。
(例:SFCプラチナ→プラチナ)

JAL/ANAともインビテーションカードです。

保険情報等は入会パンフレットを必ず確認ください

上級会員になりたいけどハードルが高すぎると思うあなたへ

デルタAMEXゴールドで自動取得

以前の記事にも書きましたが、アメックスの

デルタスカイマイルアメリカン・エクスプレス・ゴールド
こちらはカード入会するだけで
スカイチームの上級会員であるゴールドメダリオンを取得できます。

年会費は26,000円(税抜)です。

スカイチームはJAL/ANAともに提携航空会社ではありません

スカイチーム航空各社
【アジア】
厦門航空 ガルーダ・インドネシア航空 サウディア 大韓航空 チャイナエアライン 中国東方航空 中国南方航空 ベトナム航空 ミドル・イースト航空
【ヨーロッパ】
KLMオランダ航空 アエロフロート・ロシア航空 アリタリア-イタリア航空 エア・ヨーロッパ エールフランス タロム航空 チェコ航空
【北アメリカ】
デルタ航空
【中央・南アメリカ】
アエロメヒコ航空 アルゼンチン航空
【アフリカ】
ケニア航空
ヨーロッパ路線に強みを発揮しています。
デルタは日本就航は当然ですが、そこから
シンガポールや上海路線、マニラ、クアラルンプール等
発着しますので不便は感じないと思われます。

ダイナースなら航空会社に依存しないラウンジサービス

ダイナースクラブカードなら、世界600カ所のラウンジを

ダイナースクラブ会員ならばお使いいただけます。

また、ポイント有効期限がありませんので有効にお使いいただけます。
ANAダイナースもありますので、ご参考にしてください

http://www.creditcardchoice.biz/archives/701

ただいまANAマイル大量獲得のチャンスです。

まとめ

今回のまとめです。

    • 航空会社の上級会員はカード保持だけで永続的にサービスを受けれる
      海外旅行が好きで、飛行機の中も楽しいと考えている方は修行しましょう
      私もつらかったですが楽しかったです。
    • JAL/ANAの独自カードはあるが、幅広い選択肢がある
      基本はJALはJCB CLUB-Aゴールドカード
      (交通系が貯まりやすいと思います。)
      ANAは私の体験上、SFC VISA(三井住友)
      でも満足してましたが、今はダイナースがほしいです。
    • ラウンジサービスを重視している方はデルタAMEXゴールドも候補として挙げられる
      ラウンジサービスを楽天プレミアムカードでプライオリティパスでカバーする
      年会費合計で36,000円(税抜)で抑えられます

今回もご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする