国内で発行可能な航空会社のマイレージサービス付きクレカまとめ その4(加筆)

こんばんは TWです。

前回は各航空会社の提携カードをご紹介しました。
今回で最後になります。ご紹介します。

すみません。嘘つきました。
海外航空会社提携のクレジットカードについて
三菱UFJのニコスにまだ海外航空会社のカードがありました。
お詫びとともに加筆の旅へとまいります。

前回、前々回記事はこちらです。

国内で発行可能な航空会社のマイレージサービス付きクレカまとめ その1
国内で発行可能な航空会社のマイレージサービス付きクレカまとめ その1
こんばんは TWです。 このサイトは比較サイトとして企画して立ち上げました。 全ての商品を使用しているわけはないんですが クレジッ...
国内で発行可能な航空会社のマイレージサービス付きクレカまとめ その2
国内で発行可能な航空会社のマイレージサービス付きクレカまとめ その2
こんばんは TWです。 前回は各航空会社の提携カードをご紹介しました。 今回も続きご紹介します。 前回記事はこちら...
国内で発行可能な航空会社のマイレージサービス付きクレカまとめ その3
国内で発行可能な航空会社のマイレージサービス付きクレカまとめ その3
こんばんは TWです。 前回は各航空会社の提携カードをご紹介しました。 今回で最後になります。ご紹介します。 堂々...

スポンサーリンク

海外航空会社系のクレジットカード追加分

キャセイパシフィックMUFGカード

マイレージプラスはワンワールド航空のマイル提携カードです。
JALも参加としてコードシェアを行ってますのでおなじみの方も多いかもしれません。個人的には香港生まれの上質な航空会社のイメージです。

マイレージプラスカードは三菱UFJニコスが発券しています。

キャセイパシフィックMUFGカードはGOLDがMastercard
プラチナがAMEX仕様です。

年会費(ゴールド/プラチナ)は
5000円/25000円となっております。

ショッピングによる還元率は
一般1%、プラチナは1.5%

キャセイの航空券を購入すると1%追加されます。
機内免税品は2%追加です

海外旅行保険はゴールド3000万円、プラチナ3000万円
本ゴールドは国内保険はついておりません。ご注意を

ゴールドカードはANA免税店10%OFFです。

JAL、BA、アメリカン航空と大きいキャリアの魅力も味わえると思います。

なぜVISAカードが発行されていないのか不思議ですが

SKYPASS/JCBカード

前回大韓航空をJCBブランドでご紹介しました。

JCBだけでなく三菱UFJニコスから発行されておりましたのでご紹介します。

AMEXからプラチナカード
一般カードとゴールドカードがVISA/Masterがあり

年会費はプラチナが20,000円(税抜)
一般/ゴールドが3,000円(税抜)/10,000円(税抜)となります。

還元率は1%
海外旅行保険については一般カードが最大3,000万円
ゴールドが最大5,000万円/プラチナカードが1億円となります。

また三菱UFJニコスのAMEX24時間コールセンターも
プラチナは使えます。

あと珍しいのはプラチナは銀聯カードを追加できるところですね

前回も書きましたが大韓航空のマイル制度は少し変わっていて

10年間の有効期限がある。配偶者、両親、子供、祖父母(父方のみ)、孫(父方のみ)のうち本人を含め5人までマイレージ合算して、特典に利用できる。

使いやすいみたいですね。10年有効とか

Miles & More MUFGカード

本当にすみませんでした。

スターアライアンスの盟主ルフトハンザが無いわけありませんでした。
発行元は三菱UFJニコスさんです

カード情報です。

Miles & More MUFG CARD Platinum American Express®
Miles & More MUFGカード

VISA/MUFG 年会費が5,000円
AMEX/MUFG  年会費が28,000円です。

Mastercardの発行はありません。

還元率は1%ですが、三井住友カードのマイ・ペイすリボのように
リボ宣言して支払うと2%に上がります。

また海外では1.5%還元です。(VISA/AMEX変わりありません)

このカードはレギュラーカード(券面はゴールドですが)
といきなりプラチナカードという体制です。

気になる保険はレギュラーカードで海外/国内とも最大3000万円
プラチナは海外で最大1億円/国内5,000万円です。

また、プラチナには国内・海外渡航便遅延保険が付帯しています。

通常のMUFG AMEXプラチナでもいい気がします
プライオリティパス・プレステージ会員が通常つきますし

海外発行カードがあまり盛り上がらないのはこういった情報不足のせいなのか、理由は不明ですが。

今後も発見次第上げていきます。

今回もお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする