航空系クレジットカードでマイルの取得を考える 

こんにちはWTです。

今回はマイル系のカードについてお伝えしたいと思います。

航空会社マイル系のカードについて

航空マイル系のクレジットカードについて

  1. 航空会社ブランドのカード(JAL/ANA)
  2. アメックススカイトラベラーカードのように、ポイントを複数の航空会社のマイルに変更できるカード

一般的にマイル系のクレジットカードというのは
1.の国内航空会社カードカードです。

2の海外航空会社のマイルを貯めてJAL/ANAに使える裏技もあります。

とはいえ、まずはANA、JALのどちらでマイルを貯めるかを考えましょう

私も含めポイントからマイルへ移行。その使い道は海外への無料チケットを想定しているはずだと思います。

私も含めポイントからマイルへ移行。その使い道は海外への無料チケットを想定しているはずだと思います。

ここでポイントとしては

  1. 飛行機の利用が月1~2回以上使用している。
  2. 飛行機の利用はあまりないが、海外の利用で年に1~2回使用する(したい)

この2点で選ぶカードは異なります。

飛行機の利用が月1~2回以上使用している。

月に1~2回程度飛行機を使っている方なら航空会社のカード(JAL/ANAカード)
を使って航空会社上級会員を狙うべきです
今回裏技で一気に上級会員まで稼ぐ方法も紹介します。

追記:上級会員のカード記事を作りました。

マイル系上級会員カードへの道
マイル系上級会員カードへの道
こんにちはTWです。 以前紹介したマイル系のクレジットカードのうち どのタイミングでどのカードを申し込むと効率がいいのか 今回本気...

飛行機の利用はあまりないが、海外旅行へ年に1~2回使用する(したい)

年に1~2回海外で利用したい方はどうしたらいいか

私はマイレージ期限が無期限になる海外航空会社マイレージカードやアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードを押します

マイル系のクレジットでは最強かと思われます。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめな理由

前提:対象航空会社は15社となり、不便なく使えます。残念ながらJALは使えません

  1. 「メンバーシップ・リワード・プラス」登録不要で「100円=1マイル相当」の
    無期限ポイント加算→ポイントの失効がありませんので計画立てて使えます。
  2. スカイ・トラベラー・3倍ボーナス(100円=3マイル!)航空券購入で3%です。
  3. ご入会ボーナスポイント(3,000マイル相当)
  4. ファーストトラベル・ボーナスポイント(5,000マイル相当)
  5. ご継続ボーナスポイント(1,000マイル相当)

これだけ特典が付きながら年会費10,000+税となります。マイルに特化したカードです。

スカイトラベラーにはゴールドもあります。
航空券購入のポイントが5%に大幅拡大されます。

国内航空会社のカード(JAL/ANAカード)を選ぶ前に上級会員になる

デルタ・アメリカン・エクスプレス・ゴールドというカードがあります。

デルタアメックスゴールドはスカイチームですが
このデルタアメックスゴールドを所持するだけ
スカイチームの上級会員であるゴールドメダリオンになります。自動的にです

またこのページにありますようにユナイテッド航空のスターアライアンスゴールドメンバーにステイタスマッチ(90日間有効)の権利を獲得できます。
ユナイテッドの上級会員ということはANA便でも上級会員になります。

※ステイタスマッチとは携帯のキャリアを変えるみたいなイメージと考えてください

いささか年会費が高い(年会費26000円+税)ですが、先のステイタスマッチに加え

  1. 入会時8000マイルプレゼント
  2. デルタ初回海外フライトエコノミーで10000マイル ビジネスなら20000マイル
  3. デルタの上級会員なので当然空港ラウンジも入室可、優先搭乗もできます。
  4. デルタ航空のチケット購入の場合は3%還元

上記特典を得られる形になります。北米系のアクセスならデルタ航空は便利です
※デルタアメックスレギュラーカードもありますが、おすすめな点が少なく、推奨しません。

航空会社の上級会員を得るためには、50万円近い費用と使って”修行”して獲得する上級乞食への修行という方法が知られていますが、90日のユナイテッド上級会員の期間内にユナイテッド航空で12,500PQMの取得で90日後も維持できるようです。これは成田-北米東海岸(ニューヨークなど)を1往復する距離のようです。

ということでユナイテッドで会員維持しながらに東京-シンガポールを4往復するという修行し、上級会員のプラチナ会員の期間中のみ申し込みが可能なクレジットであるスーパーフライヤーズカード(SFC)をGETできます。SFCはクレジットカードを続けていれば、維持可能になりますのでそこで是非ANAスーパーフライヤーズカードを取得してください。

でもJALで貯めたい

JALの場合はステータスマッチが現状難しいとのことですので
入会搭乗マイル1000マイル、年更新マイル1000マイルの普通カードを選びましょう(年会費2160円)クレジットカード決済は還元率0.5%になります。
逆にJALカードは申し込まず、マイルはJALで取得し、プライオリティパスが使える楽天プレミアムカードを使うという技もありだと思います。

※追記JALカードの入会キャンペーンが走ってます。
今回はメリットがかなりありますのでこの機会に申込されたらいかがでしょうか
初年度会員費無料です。

その後記事にまとめました。

JALカード特集 レギュラーカード比較
JALカード特集 レギュラーカード比較
こんにちはTWです。 昨日ANAレギュラーカードの記事を起こしました。 レギュラーカードだけで13枚あったので 調べたときは正...

JALカードについてはこちら

まとめ

  1. マイルの貯め方は飛行機利用頻度で変わる
  2. 出張等多い方は迷わずJAL/ANAカードで貯めるが、上級会員を目指して
    デルタアメックスゴールドでステータスマッチすることも考慮に入れる
  3. とにかく、計画的にじっくりと貯めたい場合はアメリカン・エクスプレス・スカイ・トラベラー・カードで期間がないポイントでしっかり貯める

以上です。ご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする