クレジットカード2枚持ち おすすめ10選 その2

こんにちはTWです。

前回に引き続いてクレジットカード2枚持ち10選をご紹介します。

前回記事です。

クレジットカード2枚持ち おすすめ10選 その1
クレジットカード2枚持ち おすすめ10選 その1
こんにちはTWです。 ゴールドカードの記事を先日上げましたが、思ったよりも直すことが多いと実感しました。間違ったことは書いていないので...

クレジットカード2枚持ち10選その2

スポンサーリンク

4.MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードとMUFGゴールドプレステージカード

2枚持ちで年会費が優遇されるおすすめの2枚

本サイトでAMEX提携カードでは最強のカードとお伝えしているMUFG・プラチナ・アメリカンエクスプレス・カードとMUFGゴールドプレステージカードは発行がMUFGニコスになります。

セゾン・AMEX/MUFGプラチナについて アメックスその3
セゾン・AMEX/MUFGプラチナについて アメックスその3
こんにちはWTです。 AMEXについての続きです。 前回の記事はこちらになります。 かなり長くなってしまいまし...

MUFGゴールドプレステージカードはVISA/Mastercard/JCBの3ブランドで発行ができMUFGプラチナカードと2枚持ちすると、年会費は10,000円から2,000円と大幅に割引されます。引き落としもポイントも2枚を合算できます。

通常でもMUFGプラチナはリボ払い指定の楽payを使用すれば年会費は3,000円優遇されます。

やはり、MUFGプラチナは圧倒的なコスパを実現

MUFGプラチナは前掲の通り、非常にサービスが優れています。

  • プライオリティ・パスのプレステージ会員を無料で取得(1名399USドル相当・2名まで)
  • プラチナ・コンシェルジュサービスで24時間365日国内外で利用可能
  • 国内の厳選されたレストランの所定コースメニューを2名様以上で使うと、1名様分が無料
  • 海外旅行傷害保険および国内旅行傷害保険も自動付帯され、最大5,000万円の補償が入ります。
  • 国内・海外渡航便遅延保険

MUFGゴールドプレステージカードは保険

2枚組というと、両方のカードの良いところを使い並べてお互いのカードメリットを生かす形になります。

しかしながらこの組み合わせはアメックス側のサービスが非常に高いため、あくまでゴールドプレステージはサブカードとしての運用になります。

維持費

維持費:MUFG・プラチナ・AMEX 年会費20,000円
MUFGゴールドプレステージ:年会費2,000円
(2枚目割引適用後)※楽Pay割引適用前

5.楽天カードとライフカード

楽天カードとライフカードはVISA/Mastercardの2ブランドで運用します。

年会費無料とポイントが魅力

この2枚とも年会費無料です。コストをかけずに維持できるのが最大の魅力です。

楽天カードは海外旅行傷害保険利用付帯ですが、最大2,000万円の補償が受けられます。

またショッピングに関しても楽天カードの最大4%還元
ライフカードは年に一回の誕生月5倍の2.5%還元が魅力です。

海外旅行傷害保険が利用付帯なので旅行をメインにしない分、ショッピングでの利用が多い方にお勧めの組み合わせと言えます。

維持費

維持費:楽天カード 年会費無料
ライフカード:年会費無料

楽天カード公式HPはこちら

ライフカード公式HPはこちら

6.ANAダイナースとANAカードVISA

メインはダイナース、2枚目は保険

ANAダイナースと三井住友VISAクラシックカードはダイナースをメインに、三井住友VISAクラシックでダイナースを決済できなかった場合のみ使用する組み合わせとなります。

ANAカードVISAはマイ・ペイすリボに登録し、年一回以上の決済すると年会費が1,025円になります。

年一回コンビニでペットボトルを買えば適用です。

ANAダイナースは上位会員へのステップアップカード

ANAダイナースの魅力は専用単独記事があります。
こちらをどうぞ

http://www.creditcardchoice.biz/archives/701

簡単にメリットを記載します。

  • ANAマイルが1%還元
  • 海外ラウンジが600カ所利用可能
  • 海外旅行傷害保険が最大1億円
  • モール経由で楽天、Yahoo!ショッピングで2%還。LOHACOは2.5%、エクスペディアで7%還元
  • コンシェルジュサービスは24時間365日対応

今回のANAダイナースはANAダイナースSFCカード、ANAダイナース・SFC・プレミアム・カードへのステップアップカードです。

ANAダイナースクラブスーパーフライヤーズプレミアムはマイル還元率が2%です。

VISAのプラチナ、AMEXプラチナを凌駕するスーパーカードです。

年間決済として500万円程度ある方なら10万マイルが一年で貯まります。

マイルチャートです。

目的地 往復必要マイル 搭乗クラス
東京 ⇔ 沖縄 18,000 エコノミー
日本 ⇔ ソウル 15,000 エコノミー
30,000 ビジネス
日本 ⇔ グアム 20,000 提携便/エコノミー
40,000 提携便/ビジネス
日本 ⇔ ハワイ 40,000 エコノミー
65,000 ビジネス
日本 ⇔ ニューヨーク 50,000 エコノミー
85,000 ビジネス
日本 ⇔ パリ 55,000 エコノミー
90,000 ビジネス

搭乗クラスをファーストクラスをターゲットにすると1マイルあたりの価値が跳ね上がります。

Zone 目的地 シー
ズン
必要
マイル数
航空運賃
(最安値)
1マイル
の価値
Zone 4 シンガポール L 105,000 845,000 8.05
Zone 6 ニューヨーク R 150,000 2,008,000 13.39
Zone 7 パリ R 165,000 2,517,000 15.25

最大のメリットは無期限のポイント

ANAダイナースの一番のメリットはポイント有効期限が無期限という点になります。

1%のマイル還元は効率が良いですが、年間100万程度の決済では5万マイルを貯めるのに5年程度かかります。

マイル有効期限を見て期間や場所など旅行予定を立てるのは本末転倒です。

計画立ててマイルを有効活用できる点でANAダイナースは有効かと思います。

ANAカードVISAは保険

この組み合わせではあくまでサブでの利用になりますがANAカードVISAは1,025円で利用できます

  • マイ・ぺいすリボに登録し、年間1回の利用

これだけです。スタバでもコンビニでもいいので決済すれば大丈夫です。

ANAマイレージサービスには親番と小番がある

ANAカードの使い分けですが、親番号と紐づけることで使い分け可能です。

こちらのカードを統合処理することでANAカードの使い分けが可能です。

維持費

維持費:ANAダイナースクラブ 年会費27,000円
三井住友VISAクラシック:年会費2,000円※

※マイ・ペイすリボ登録し、年一回の利用で年会費1,025円

カード自体はスタンダードなものなので使い勝手は問題ありません。

ダイナース公式HPはこちら

まとめ

次回で完結します

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする