SuMi TRUST CLUBはサービスが厚くメリットあり!その理由は?

SuMi TRUST CLUBカードというカードがあります。

発行元は三井住友信託銀行の子会社である三井住友トラストクラブです。
三井住友の名前があるカードは実は3つの発行元があり、認知度が低いためわかりずらい事もあるようです。

  1. 三井住友カード株式会社
  2. 株式会社SMBC信託銀行
  3. 三井住友トラストクラブ株式会社

今回ご紹介するSuMi TRUST CLUBゴールドカードは3になります。

SuMi TRUST CLUBカードについて

スポンサーリンク

発行元の経緯

SuMi TRUST CLUBゴールドカードは旧シティバンク銀行のカード部門のシティカードジャパンを三井住友信託銀行が買収して、ブランドを変えて再スタートをしたカードになります。

カードラインナップ│クレジットカードなら三井住友トラストクラブ

ここがわかりにくいところなんですが、旧シティバンク銀行はSMBC信託銀行が買収したため別途別のカードを発行しています。

  • 旧シティバンク銀行からカード部門と銀行部門が別々に買収された。

三井住友カードとSMBC信託銀行は三井住友フィナンシャルグループで共通の親会社を持っています。SMBC信託銀行は三井住友VISAの別ブランドとしてカード発行、運営を行っています。

三井住友トラストクラブは三井住友トラストグループであり、名称が似ていてわかりずらいのですが、三井住友信託銀行が親会社です。同じ信託銀行となっていますが、三井住友信託銀行は信託銀行国内1位、銀行業務でも5位の独立大手信託銀行です。

  • SBMC信託銀行は三井住友カードと兄弟会社にあたる
  • 三井住友信託銀行とSMBC信託銀行は別物

旧シティバンク銀行のカード部門はダイナースカードとシティエリートと言うカードを運営していました。そのため、旧シティバンク銀行の顧客はダイナースカードの優遇やシティエリートのサービスを受けられましたが、グループ自体が変わってしまったため、優遇は受けられなくなります。

一方三井住友トラストクラブはダイナースカード部門と旧シティエリートの両方を運営し、シティエリートの顧客向けに新しいカードを提供することになります。それがSuMi TRUST CLUBカードになります。

旧シティカードはブランド力が非常に高く、ダイナースとの2枚持ちの最有力候補として名を馳せていたのが特色でした。

SuMi TRUST CLUBカードは旧シティグループのゴールドカードとプラチナカードそしてダイナースカードという高所得者を顧客基盤にしています。

SuMi TRUST CLUBカードのラインナップ

SuMi TRUST CLUBカードは以下のラインナップになります。

 カード名国際ブランド年会費(税抜)
SuMi TRUST CLUBリワードカードMasterCard3000円
SuMi TRUST CLUBエリートカードVISA3000円
SuMi TRUST CLUBリワードワールドカードMasterCard12000円
SuMi TRUST CLUBゴールドカードVISA12000円
SuMi TRUST CLUBプラチナカードVISA35000円
デルタスカイマイルSuMi TRUST CLUBゴールドVISAカードVISA18000円
デルタスカイマイルSuMi TRUST CLUBプラチナカードVISA40000円

年会費無料のカードはありませんが、旧シティカードの伝統と受け継ぎ、プロパーカードとしての高いステイタスをサービスに反映しています。

VISAのプラチナカードを発行しており、招待ではなく申込での取得が可能です。

ポイントについて

ポイント有効期限が無期限

SuMi TRUST CLUBカードの共通点としてポイント還元は無期限になります。

同じ社内で運営しているダイナースカードも無期限のサービスとなるところは共通点です。

カードによって還元率が0.8%~1.6%

ポイント還元率ですが、以下の様に設定されています。

  • リワードカード/エリートカード 0.8%
  • リワードワールドカード/ゴールドカード 1.2%
  • プラチナカード 1.6%

さらにリボ払いでプラチナカードは2%の高還元率になります。国内ではダイナースプレミアムと同じで最高還元です。

またSuicaやEdyのチャージについても全額ポイントが還元されます。

海外旅行傷害保険が厚い

利用付帯になりますが、エリートカードで最大3000万円、ゴールドで7000万円と非常に厚く保険を設定しています。ゴールドカードで利用付帯最大5000万円が多い中、充実しています。

対象クレジットカード 傷害による
死亡・後遺傷害
傷害・疾病治療 賠償責任 救援者費用 携行品損害
SuMi TRUST CLUB リワードカード 3000万円 150万円 50万円 30万円
SuMi TRUST CLUB エリートカードカード 3000万円 150万円 50万円 30万円
SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカード 7000万円 200万円 3000万円 100万円 30万円
SuMi TRUST CLUB ゴールドカード 7000万円 200万円 3000万円 100万円 30万円
SuMi TRUST CLUB プラチナカード 1億円 500万円 5000万円 500万円 100万円

海外旅行でも重宝するカード

ゴールド以上にはプラオリティ・パスも付与

リワードワールドカード/ゴールドカードはプラオリティ・パスのスタンダード会員(US99ドル)の年会費は無料になり都度27ドルの利用料金で使用することができます。

プラチナカードはプレステージ会員(US399ドル)が無料になります。

プラオリティ・パスもしっかりついているので海外ラウンジでは重宝すると思います。

手荷物サービスも付与

リワードワールドカード/ゴールドカードは復路での手荷物宅配サービスを提供してくれます。

さらにプラチナカードは往復の手荷物について無料で宅配してくれます。

アメックスでも同様のサービスがありますが、地味に便利です。

プラチナコンシェルジュサービス

SuMi TRUST CLUB プラチナカードはVISAプラチナとしては破格の年会費ですが、24時間365日のVISAプラチナ・コンシェルジュ・センターを利用できます。

飛行機やレストランの手配等安心して相談できます。

デルタスカイマイルカード

アメックスやJCBでも発行されているデルタスカイマイルのカードですが、以下のところにメリットがあるようです。

  • 100円毎に1.3マイル(ゴールド)/1.5マイル(プラチナ)が付与される
  • 入会ボーナス3000マイル(ゴールド)/10000マイル(プラチナ)
  • ファーストフライトボーナス最大25000マイル
  • デルタスカイラウンジの利用が年間3回(ゴールド)6回(プラチナ)無料

ですが、ここの部分はゴールドメダリオンに自動加入出来るデルタアメックスゴールドが圧勝です。

まとめ

SuMi TRUST CLUBカードは使い方をアクティブにしていけば、高還元率、高額保険、無期限のポイント等非常に魅力的です。

通常カードを保有するよりはゴールド、プラチナカードを保有してサービスを受ける種類のカードだと思います。

カードフェイスがあまり知られていないところや、旧シティエリートのカードフェイスが派手だったこともあり存在感は地味ですが、質実剛健といった感のあるカードと言えます。

シティカード時代と同様、ダイナースとの2枚持ちも良いかもしれません。

今回もご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする