便利なカードが自分が好きなクレジットとは違うという話

このサイトはクレジットカードを紹介するサイトです。

そんな私が言うのもなんですが、自分の好きなカードだから便利なカードという訳ではありません。

以前私のカード歴を出しました。

【雑記】クレジットカード履歴
【雑記】クレジットカード履歴
こんばんはWTです。 いつも記事をご覧いただきありがとうございます。 今日は記事を書きすぎて消耗してしまったので 今迄のクレジ...

クレジットカード好きの方から言わせると「勉強不足」みたいな感じです。

ポイント至上主義という考え方

ポイント至上主義という考えの方がいます。

どうすればより多くのポイントを稼ぐかを考えて、ポイント移行の効率を考えてクレジットカードを活用する考えです。

この手の考えた方は大体以下のカードを使っています。

  • リクルート(プラス)カード
  • 漢方スタイルクラブカード
  • REXカード
  • Orico Card THE POINT

私はこれらのカードを持っていません

スポンサーリンク

ポイント還元率はやっぱり高い

年に数回雑誌で取り上げられる、クレジットカード特集でもこれらのカードは必ず掲載されます。

カードの特徴を上げてみます。

リクルートカード(プラス)

現在はプラスカードは発行されていませんが併記します。

リクルートプラスカード(新規受付終了)

  • ポイント還元率は2%
  • 通販サイトの「ポンパレモール」でのショッピングなら5%還元、宿泊予約サイトの「じゃらん」なら4%還元
  • 海外旅行傷害保険=最高3,000万円(自動付帯)
    国内旅行傷害保険=最高3,000万円(自動付帯)
  • 年会費2,000円(税抜)

リクルートカード

  • ポイント還元率は1.2%
  • 通販サイトの「ポンパレモール」でのショッピングなら5%還元、宿泊予約サイトの「じゃらん」なら4%還元
  • 海外旅行傷害保険=最高2,000万円(利用付帯)
    国内旅行傷害保険=最高1,000万円(利用付帯)
  • 年会費無料(税抜)

プラスカードは新規受付終了ですが、保険の付帯等非常に優れていたと言えます。

漢方スタイルクラブカード

漢方スタイルクラブカードはクレジットカードをブログに書いていらっしゃる方に有名な高還元カードです。

  • 還元率1.5%
  • 海外旅行傷害保険=最高2,000万円(自動付帯)
    国内旅行傷害保険=最高1,000万円(利用付帯)
  • 年会費初年度無料、次年度より1,500円
  • JACCSカード発行

Jデポとはジャックスカードのポイントシステムで、請求からポイント分をキャッシュバックするシステムです。300ポイントで1500円分差し引きます。(1.5%)
2015年12月までは1.75%ポイント還元でした。

一般的に言われているのは漢方スタイルクラブカードは審査に通りやすいと言われてます。

REXカード

REXカードは価格.comと提携している高還元ポイントです。

  • 還元率1.5%
  • ショッピングプロテクトか旅行傷害保険の選択式
    ・ショッピングに対して90日100万円まで
    ・海外旅行傷害保険最大2,000万円(自動付帯)
    ・国内旅行傷害保険最大1,000万円  (利用付帯)
  • 年会費初年度無料、次年度より2,500円
    年会利用額が50万円以上の場合は無料
  • 価格.com安心支払いサービスで2%還元
  • JACCSカード発行

REXカードも審査に通りやすいカードと言われています。

Orico Card THE POINT

オリコカードの一押しがOrico Card THE POINTです。
カード名にポイントとついているところにオリコの本気がわかります。

  • 還元率1%、入会後半年以内は2%
  • ANA/JALのマイルに移行可能
    ・JALは0.5%、ANAは0.6%
  • ETCカード発行手数料がない
  • 年会費無料
  • オリコカード発行

このサイトでは還元率1%以上のカードを紹介していますのでインフレ気味ですが1%も相当高い還元率です。

モールを使うとポイントアップ

JACCSカードとオリコカードは「モール」というネットショッピングモールがあり、モール経由でショッピングすると還元率が上がります。

  • AMAZON/楽天/Yahoo!ショッピングは0.5%UP
JACCSモール(ジャックスモール)
「ジャックスが運営するジャックスモール(JACCSモール)はおトクにポイントが貯まるサイトです。ご利用に合わせてどんどん貯まります。」

地味に0.5%増しはすごい事です。AMAZON/楽天/Yahoo!ショッピングの3つあればネットショッピングで困ることありませんね

それでも手にしていない理由

今あげたカードは年会費も無料~2500円程度で維持できるコストパフォーマンスの高いカードばかりです。

20代なら間違いなく使っていたと思います。

20代のころは(私は)クレジットカードを使いこなすという意味をよく分かっていませんでした。

気にしていたのは年会費くらい、それもあまり根拠なく使っていました。

クレディセゾンやDCカードなどは正直ポイントを確認することは無かったですし、
ヤングゴールドは「ゴールドカード」の響きに乗せられて申し込みました。

情報もなかったですしゴールドカードはみんな同じ。VISAかマスターか程度の認識だったわけです。

ANAスーパーフライヤーズカードとのめぐり合い

クレジット雑記にも書きましたが、たまたま新幹線でのサラリーマンの雑談からANAカードとの出会いからANA上級会員へ辿り着きました。今から13年前くらいになると思います。

スーパーフライヤーズカードは自分の中で初めて使いこなせるカードになりました。
スターアライアンスのラウンジも使えるし、マイルもたまる。

三井住友VISAだったのですが、マイペイす・リボやボーナスステージでマイルを荒稼ぎしました。

年間10万マイル位を獲得していましたので、海外へビジネスクラスで遊びに行く新しい趣味ができました。

ニューヨーク、上海、シンガポール、ロンドン
年に数回長距離路線を楽しみに休みを取ったものです

使い道に困ったカード

逆に持っていて利用価値がなかったカードもあります。

アメックス・ゴールドです。

紹介で作ったアメックスカードはすでにスーパーフライヤーズを手にした私にとっては負担の重たいカードでした。

たしか当時の年会費は26,000円、SFCは15,000円程度、それだけの年会費を使いこなす能力もなかったのです。

コンシェルジュサービスも使い方を分かっておらず、ラウンジサービスはすでにSFCで足りていました。

2年使わずに解約しました。決済もほとんど使わなかったと思います。

その後の変遷があり、スーパーフライヤーズでアメックスが発行し、いまは大事に大事に使ってます。

カードの相性

旅行が好きなのか、買い物が好きなのかでメインで使っていくカードが出てくると思いますが、メインで使うカードは自然と愛着が出てきます。

年会費が2万円でも無料でも、それは変わらないようです。

ポイントです。

  • カードフェイスを気にしていないか?
  • 問い合わせ等の対応に満足したか
  • 限度額をある程度把握し、その中で問題ないか
  • 航空機系マイレージのポイント移行は余裕があるか

カードフェイス

カードフェイスは文字通り「顔」なので自分の中でやめてしまってもいいかもしれません。顔ですよ。顔。

この2つの比較はPontaにはかわいそうですが、事実です。

問い合わせの結果に満足しているか

コンシェルジュが付いてようと,付いてまいと限度額の相談や、分割払いの方法等をコールセンターに問い合わせてみたときに、ご自身のお伝えしたかったことは伝わりましたか?

限度額をある程度把握し、その中で問題ないか

アメックスやダイナースでは「公」には限度額は出ません。(セゾン/MUFG等はでます。)

大きな買い物をされるにカードが切れなかったというのは恥ずかしいですよね。事前に相談する窓口があったり、安心して相談できますか?

航空機系マイレージのポイント移行は余裕があるか

マイル系のカードを保有の方は、毎月ポイント失効を見ていませんか?マイルを貯める目標のはずなのに、マイルに移行できなくなっているポイントありませんか?

マイル系のカードの保有の方はマイレージで海外旅行に行きたいと思ってカードを作ったはずです

どうせなら有効期限無期限のカードを作られたほうがいいかもしれませんよ。

アメリカン・エクスプレス・スカイトラベラー・カードのお得な使い方を探す
アメリカン・エクスプレス・スカイトラベラー・カードのお得な使い方を探す
こんにちはTWです。 アメリカン・エキスプレス®・スカイ・トラベラー・カードというカードがあります。 何回か記事にしたカ...

いつか持ちたいカードを探す

アメックスでも、ダイナースでもほんの一握りの方しか発行できないカードはあります。

JPモルガンの30億円以上預金者に提供されるパラジウムカードとか

でもプラチナカードさえあれば、クレジットカードのほぼサービスを受けられることになります。

飛行機移動とかビジネスジェットとか 使わないですよね
私はいつか使いたいですが、プラチナカードでなら十分レンタルできます。
ブラックカードは持たなくていいと思います。プラチナまでで。

と、話の冒頭に戻りますが、ポイントの使い道をきめて、所持されているカードとうまくやっていれば是非、カードの「定期健康診断」をして、いいところ、頑張ってほしいところを確認してあげてください。

本日もご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする