携帯の支払いが遅れるとクレジットカードが作れないという話は本当か

おはようございます。

よくある、クレジットカード会社の未払いで、クレジットカードを作れなかった/住宅ローン落ちた。

今日はこのお話をさせていただきます。

携帯会社とクレジット審査

スポンサーリンク

携帯会社が審査をみるという事実

私はその業界におりましたが、確かにCIC(指定信用情報機関)はみます。ただし、以下の条件の場合は「見に行った」という履歴を残します。→逆に残さないと違反になります

  • 審査を再度する場合
  • 延滞情報を残すとき

この根拠は「割賦販売契約法」という法律に定めて、割賦払い商品(携帯電話本体)を分割で行っている場合には、契約情報の記録、延滞の記録を入力することになっているためです。





ということで携帯会社は見てます。

携帯会社従業員の全員が全員見ているわけではありません。

全体で数百人くらいの規模感です。
携帯契約数は億単位なので、本当に限られたひとしかアクセスできません。それと全員がフルタスクの情報管理権利を持っているわけではありません。





DAS各社の債券情報は三社間でリンクされている場合が殆どです。

携帯での不正な販売、反社会的勢力への販売、プリペイド飛ばしやレンタル携帯等、挙げればきりがないのですが、こういった犯罪社会や犯罪集団の手から自社だけでなく、競合ともしっかり協力しています。

信用情報に載っても大丈夫なもの

そもそもこの場合セーフなのであえて書く事ではないのですが、携帯端末を分割ではなく、一括購入で手に入れた方は大丈夫です。

100%必ずできるかと言うとほぼ0ですが、あきらかに代理店で発生したものであれば信用情報を直す事はできます。が、ほぼ0です。

大事にしたいのは支払いたいという気持ち

どうしても後々の請求について、「面倒くさいな、こっちからやることかな」と思われる方もいると思いますが、こんな事でクレジットカードが発行できなかったら身も蓋もありません

CICを筆頭とした信用調査機関ではオンラインでも自分の現在の信用情報が見れますので見てみてください。

CIC>JICC>KSC

指定信用情報機関のCIC
CICは、割賦販売法および貸金業法の両業法に基づく指定信用情報機関です。安全・安心・高品質なサービスを提供することにより、クレジットやローン市場の健全な発展に貢献しています。
JICC 日本信用情報機構(指定信用情報機関)|HOME
日本信用情報機構(JICC)は、信用情報の収集・管理・提供・開示を通じて健全なクレジットライフをサポートする指定信用情報機関です。
全国銀行個人信用情報センター
全国銀行個人信用情報センターは消費者信用の円滑化等を図るために、一般社団法人全国銀行協会が設置、運営している個人信用情報機関です。

以上になります。

今回もご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする