ちょコムでJCBからVISAへチャージする

ちょコムというサービスがあります。

NTTスマートトレードが運営している電子マネーサービスですがG-PointやNetMileというポイントからの返還ができるカードで。このサービスはほかのポイントカードにはない、JCBカードからMastercardへチャージができる唯一のサービスです。このサービスを見ていきましょう

ちょコムについて

ちょコムは以下のサービスを行ってます。

  • Mastercard,ねっと(ギフトタイプ)
  • Mastercard,ねっと(貯金箱タイプ)

両方とも、Mastercardのバーチャルカードして使えますが、ギフトタイプは低額のバーチャルカードをギフトとして使用でき、貯金箱タイプはMastercardとして決済カードとして使えます。

ここまでなら普通のバーチャルカードですが、このカードのユニークな点はこのカードは別のクレジットカードからチャージができる事です。

電子マネー ちょコムeマネー

スポンサーリンク

ちょコムカードはプリペイドMastercard

ちょコムカードはMastercardバーチャルカードとして一時的なカードとして使用できます。また以下の利点があります。

  • 有効期限6カ月、切り捨てカードとして割り切れます
  • 審査不要でMastercardを持てる
  • カード名義は自由に設定可能
  • 月内の上限は30万円

現在発行手数料については95円かかりますが、現在キャンペーンとして0円で所有可能です。

チャージについて

チャージについては以下の方法で可能です。

現金でのチャージ

  • ファミリーマート
  • ローソン・ミニストップ
  • セブンイレブン
  • セイコーマート

クレジットカードからのチャージ

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • UCカード
  • OMCカード

JCBのカードから別ブランドへのチャージができるカードは調べましたが、ちょコムだけです。

インターネットバンキングでチャージ

  • ジャパンネット銀行
  • じぶん銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • セブン銀行

銀行ATMでチャージ(ペイジー)

  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • さいたまりそな銀行
  • 千葉銀行
  • 京葉銀行
  • 広島銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本ファミリー銀行

JCBからのチャージについて

VISAからのチャージについてはEntoropayやEcopayz等の海外サービスでは可能になっておりますが、JCBからのチャージについては今のところちょコムだけの様です。

ちなみにEntropayはEcopayzについては海外バーチャルカードとして広く知られているサービスです。

ちょコムの実際の画面

アカウントを作った際には以下の様にバーチャルカードとしてカードが発行されます。

使い勝手はMastercardと一緒

円建てですし、チャージをしたカードをするだけということで特段なにか変わっているという事はありませんでした。

注意点

カードを他人にチャージさせることがありうるという注意書きがありました。

電子マネー詐欺にご注意ください
2014年07月15日

最近、コンビニエンスストアの端末から電子マネーを買わせる(チャージさせる)詐欺事例が発生しております。

少しでも不審に感じた場合は、すぐに支払ったりせず、最寄の警察に通報・相談するなど、十分にご注意ください。

ちょコムeマネー | サポートセンターからのお知らせ
NTTスマートトレードが提供する簡単・便利なショッピング専用電子マネー「ちょコムeマネー」

これはどのサービスでも一緒ですね。自分の情報を晒さないように徹底をし、不明な支払いを行わない事ですね。

まとめ

ちょコムMastercardはチャージがJCBからできるおそらく唯一のサービスです。

どうしてもJCBからMasterカードへ決済を変えたいという場合や、決済でのポイントを稼ぎたい方には利用するメリットがあるかもしれませんね

多くは語りません。このニーズは実はあることだけとしておきます。

本日もご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする