ライフカードの誕生月ポイント改悪!還元率が下がりお得度が下がります。

こんにちは

ライフカードと言えば誕生月5倍還元率を筆頭にポイントが貯まって使えるお得なカードという存在でした。

残念なお知らせですが2017/07移行よりポイントの改悪が行われることになりました。

LIFEサンクスプレゼント ポイントプログラムリニューアルのご案内|クレジットカードはライフカード
リボ払い<ショッピング>についてのご案内。お支払額やご利用方法など。

ライフカードの特典について

ライフカードについては過去記事がありますのでよかったらどうぞ

ライフカードは普段使いにチョイスすれば効率的に貯まるカード(だった)
ライフカードは普段使いにチョイスすれば効率的に貯まるカード(だった)
こんにちはTWです。 今回はポイントが使うたびに還元率がUPする ショッピングには最適ライフカードの紹介です。 →2017/0...
スポンサーリンク

今回の変更点について

主たる変更点は以下になります・

  • 2017年7月以降誕生月ポイントが5倍から3倍に変更
    →2017年7月までの館員については2018年4月より実施
  • ポイント特典の一部廃止
  • ETC/Edy/nanacoのクレジットカードチャージのポイント付与廃止
  • 上記チャージでの年間利用金額はランクアップの枠外

いいところまるでなし 0点

ライフカードの関係者は十分わかってこの決断をしたと思うんですが、この改悪はもはやライフカードの存在理由がないと言ってしまっているのと同じですからね。

ライフカードは誕生月以外は死蔵カードで、誕生月にだけ活躍するカードだったってことはわかってないのでしょうか。

なにげにポイント特典の廃止は酷い

現在のポイント利用の表がこちら

廃止項目が今回の特典交換がなくなるところです。

必要ポイント 交換例 ポイント価値 誕生月5倍
300 ANA900マイル 3マイル 3%
300 1500楽天P 5円相当 2.5%
1000 5000円商品券 5円相当 2.5%
1800(廃止) 1万円商品券 5.55円 2.77%
8800(廃止) 5万円商品券 5.68円相当 2.84%
15000(廃止) 10万円商品券 6.67円相当 3.33%

還元率2.5%以上の交換がなくなります。ライフカードはポイントを貯めれば貯めるほど、還元率が上がっていったカードなので、この辺ももう少し考えたほうがいいんじゃないかなあと思います。

なのでここも0点

REXやOrico the Pointと競合がひしめく中での改悪なので経営上どうしようもない事だと思いますが、最終的にババ抜きをしてどこが生き残るのか気になるところです。

最後の誕生月ポイントをしっかりゲットするかの判断が難しい

ポイント5倍月にターゲットを合わせるとして、5万円~10万円のポイントに交換できるのか、しっかり見極めないと、交換できないポイントが浮いてしまう事にもなりかねません。計算をしっかりしてみたほうがよさそうです。

まとめ

今回のポイント制度の改変は競合他社も今後も増えていくと思います。高還元/低年会費のカードはしっかり見ていかないいけないのかなあと思います。

あとHPにしれっと貼って改悪してもすぐにバレることは間違いありませんので、先に会員に告知したほうがいいと思いますよ。ライフカードさん。ってもう改悪しないか

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする