300泊したからこそ分かるホテルステイの賢い過ごし方

こんにちは

私はホテルを11-12年で300泊位していました。もちろん一つのホテルではありませんが、国内外のビジネスホテルからシティホテル(言い方が古いですね)も含めての数です。今日はそんなことで学んだホテルステイの賢い過ごし方です。

300泊したからこそ分かるホテルステイの賢い過ごし方

スポンサーリンク

ホテルにはまるきっかけはラウンジ

最初は出張で大阪から東京に来るたび(毎週なんですが)ハイアットリージェンシー東京(昔はセンチュリーハイアットと呼ばれていましたね)使うようになり、大阪でもプライベートでハイアットリージェンシー大阪を月に2連泊してました。


クラブラウンジ。バブルに着工して部屋のコンセプトはもはや化石、ただしコスパが抜群。あとUSJが近いのが魅力。

去年までハイアットはゴールドパスポートと呼ばれていたホテルプログラムがあり、年間25滞在もしくは50泊すると最上級のダイアモンドメンバーと呼ばれて以下のサービスを受けられていました。

  • クラブルームへのアクセス
  • 16時までのレイトチェックアウト
  • スパの優待(無料)利用
  • 予約状況により部屋のアップグレード
  • 年に一回スイートルームへのアップグレードチケット

部屋のアップグレードはともかく、100%保証されたクラブルームのアクセスとレイトチェックアウトが非常に助かりました。

航空会社のラウンジ同様、ホテルのラウンジは使い勝手があり、また夕方にはシャンパン等を頂けることもあり妻と楽しく時間を過ごしていました。

クラブラウンジやスパの魅力で私はハイアットのダイアモンドメンバーを3年更新しました。

現在のハイアットはゴールドパスポートからワールドオブハイアットに名称を変更し、最上級資格も60泊が条件になりかなり厳しい条件に変更されています。

当時のハイアットにはFaster Free Nights (通称FFN)と呼ばれるイベントが定期的にあり、ハイアットのホテルを2滞在すると、全てのハイアットの1泊無料ができるという信じられないオファーがありました。

私にとっては都合がよく、ハイアットリージェンシーで泊まって、稼いだバウチャーで東京のパークハイアットやグランドハイアット、上海のグランドハイアットに無料滞在していました。

パークハイアットは部屋のコンセプトが古くなってきましたが、スパの使い心地がよく、また1Fのデリカテッセンを活用すると外に出なくても済むので私にとっては非日常体験を味わえる最高の教科書でした。

最近ではリッツカールトン東京がその非日常性を体験できるホテルだと思っています。その意味ではアマン東京もいいですね。

クラブラウンジを利用する、差額を払っても使いたい理由

クラブルームの最大の魅力は客室に近い感じでティータイムを取ることができ、夕方にはアルコールやホットミールなどの提供を受けられ、朝食も取れるという「全く外に出ない日」を最高の環境で提供してくれるというところになると思います。

ちなみにクラブラウンジを備えているホテルとしては

  • ヒルトン(ヒルトン・コンラッド)
  • ハイアット(パークハイアット・アンダース除く)
  • SPG(ウエスティン・シェラトン・セントレジス・プリンスギャラリー)リッツカールトン、マリオット(セントレジスは設定ありません)
  • シャングリラホテル
  • マンダリンオリエンタル(東京はラウンジ無し)
  • インターコンチネンタルグループ
  • リッツカールトン(京都のようにない場合もあり)

旅行等で観光がしたい場合は条件が違ってくると思いますが、観光をしない場合=修行であればラウンジでまったり過ごすというのが体にやさしい過ごし方と言えます。

使ってよかったラウンジをあげてみる

グランドハイアット上海

ハイアット系列がダントツで利用回数が高いのですが、そのなかでグランドハイアット上海が一番いい印象があります。(少ないサンプルですが3回ほど滞在してます)

ラウンジは88階建ての83階という高層階に設置。広々で明るいフロア、無線LANももちろん使え、11時30分まで運営しており、寝る前にお茶をしたいという時にも空いているので便利です。

グランドハイアット上海と言えばパティオを見下ろすこの景色。一旦見てみるのお勧めします。凄い景色です。

マンダリンオリエンタルシンガポール

マリーナベイにはマリーナベイサンズ、リッツカールトン、マンダリンオリエンタルとコンセプトの異なる3軒のホテルがありますが、家族連れでないなら私はマンダリンオリエンタルをお勧めします。

いいのはラウンジスタッフの姿勢。何回か顔を合わせると、Mr.XXと名前で呼んでくれる気持ちの良い応対と、滞在時に屋台でパンツを汚してしまってクリーニングすることになってしまったのですが、笑顔で至急で対応してもらいその晩のご飯を外で取れました。シンガポールはホーカーで食事をとることが殆どなのでこれはすごく助かりました。

ラウンジでいただける紅茶はもちろんTWG、今やシンガポール航空やシンガポールの高級ホテルだけでなく海外の路線でも紅茶をここのを採用している航空会社が出始めました。
DEAN&DELUCAもオリジナルブレンドが販売されてますね。

そしてマンダリンオリエンタルシンガポールではここのラウンジだけで飲めて、ホテル内でのみ購入できるマンダリンオリエンタルブレンドというのが存在します。SINタッチで泊まることがあれば是非。

リッツカールトン東京

クラブラウンジアクセスできるホテルとしては日本で最上位に来るホテルがリッツカールトン東京です。

サービスとしてはリッツカールトン大阪だと思いますが、高いところが好きなので。東京は53階です。

2015年に改装して、シックなラウンジになってます。

ホテルは出来れば2連泊

大体のホテルは15時チェックインで正午にチェックアウトとなります。これだと朝起きて食事をとり、すぐにチェックアウトとなり慌ただしいですよね。

せっかくホテルに滞在するのならジムに行ったりスパに行ったり、本当に普段できないことを体験したほうがいいですよ。

ラウンジもホテルによってはアフタヌーンティーが楽しめるところもあり、時間をかけてリラックスするものいいと思います。

ホテルでは私たち顧客は時間をお金で買っているのです。

1泊だと21時間の滞在
2泊だと45時間の滞在

当たり前のことですが、2泊の方がずっと長い。チェックインやチェックアウトの時間を考えると、実際に感じる時間はずっと長く感じます。

1泊するなら、時間を取って2泊するのがいい。

高級ホテルは若いうちに体験すべき

高級ホテルに泊まっている方は、何かの記念日やリフレッシュの滞在など色々な目的があると思います。

私の経験から30代の前半に高級ホテルを回っていると、お金の良い使い方を学べると思いました。

ブルジュ・アル・アラブなど、一泊15万を超えるような超高級ホテルには泊まることは難しいと思いますが、一泊5万円付近のホテルに滞在すればそれなりのホテルに泊まれますし、ディナーやラウンジの使い方を学ぶことができ、楽しい滞在を経験できると思います。

私は来年のドバイではブルジュ・アル・アラブを2泊しようと思ってます。ロールスロイスのリムジンサービスをしてもらいたいですが、ちょっと高いですね。

私が宿泊して一番良かったと思う超一流ホテルはマンダリンオリエンタルニューヨーク

マンダリンオリエンタルニューヨークをご存知でしょうか。

Google マップ

セントラルパークの左隅にある、超高級ホテルです。

ここから見るセントラルパークの眺望は最高です。

当時は円安だったため、4泊で60万程かかりましたが、マイルで渡航したこともあり、ビジネスクラスとこのホテルでNY滞在をかなり楽しめました。

ここはラウンジがありませんが、いつまでも飽きない景色にずっと窓側にあるデイベットで横になっていました。

あなたもお気に入りホテルを探しましょう

私が一番良かったホテルを紹介できるように、あなたにもお気に入りのホテルが絶対に見つかります。

クラブラウンジをお得に利用するなら、SPGアメックスがおススメです。

SPGアメックスならSPGのゴールド会員を即時獲得

  • クラブラウンジへのアクセス
  • レイトチェックアウト
  • マイルに移行できポイントを獲得可能
  • 翌年度以降に1年に一度無料宿泊が可能

と年会費だけで元が取れるクレジットカードです。

今回もご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする