ANAがトリガーを引いた!ANA国際線国内枠のマイル積算率を変更

こんにちは

ANAがついにトリガーを引いた!今日はこのお話です。

マイラーがっかり速報、国内線内国内区間の変更について

国際航空券で発券される日本国内線のマイル積算率の変更について│ANAマイレージクラブ
国際航空券で発券される日本国内線のマイル積算率の変更について。ANAのフライトや生活シーンでマイルが貯まる「ANAマイレージクラブ(AMC)」。航空券予約をはじめ、ボーナスマイルやキャンペーンなど簡単・便利・お得なサービス満載。

実施日は2018年10月からのお話になりますので1年超の先になりますが、修行をされる際は頭に入れておくといいかも

スポンサーリンク

意味わかんないんだけど、それ美味しいの?

全くおいしくありません。むしろ苦い。
これまでは(無意識で)こういったマイルの換算がありました。

SINタッチ(未プレエコ)

出発 到着 予約クラス 換算率
沖縄 東京  B/V 100%
東京 シンガポール   W 50%
シンガポール 東京   W 50%
東京 沖縄    B/V 100%

実際にはWクラスで発券してSINタッチする人はいないですけどね。

この沖縄のB/Yとして海外線の国内運輸扱いで無条件に100%に当てはまっていたのが運賃規則によってマイル積算率が下がると言う事です。

この場合は予約クラスがB/Yだとそのまま、50%で半分。TYO/OKAが984プラチナポイント損します。それで終わりならいいのですが、例えばツアー運賃で発券して予約クラスがKともなれば30%になります。

シンガポール航空がよく出してますよねKクラス。

これから出てくるであろうストーリー

エコノミーでのSINタッチなどの修行のベースとなる、HND/OKAの積算率はWクラスやSクラスです。

国内線のプラチナポイントで稼げた路線もそうは行かなくなる可能性があります。

まだまだ未来のお話ですが、これから修行を目指す方で特にSINタッチなど国内の往復を頭から計算を入れている場合は気を付けてください。プレミアムクラスでアップグレードするのも手だと思います。(なかなか取れませんが。)

マイルはいつ何時かわるかわからないルール

今回も思うのが、マイルの上級会員とか、必要マイル数とかここ数年ルールが悪化になるだけなんですよね。

アメリカンエアラインでの使用マイルの基準悪化とか、ひそかに上がっている航空会社などごまんとありますよね。しっかり情報を持っていることで、前もって悪化する前にうまく使えるかもしれません。イメージなんですけど、ANAっていつも悪化しているイメージなんですが、ファイブスターANAって本気で言っているのか分かりませんね。

ニューズ記事になりますので今回はこの辺で

今回もご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする