ポイントがたまりやすい? リクルートカードを見てみる

こんにちはWTです。

本日は通常使いでもポイントが貯まりやすいと言われている
リクルートカードについてご紹介します。

以前はリクルートカードプラスという年会費有料のサイトがありましたがあまりにも破壊力が高いため、新規発行は現在受け付けていません。残念

リクルートカードのサービス内容を見る

リクルートカードはカードを紹介する各サイトでも
「ポイントが貯まりやすい」「破壊力がある」と評判のカードです。

早速ですが、カードの内容を見てみましょう

  • カードの年会費は無料、家族カードも無料
  • 発行カードはVISA/JCBの両方を選べる
    VISA発行元は三菱UFJニコス
  • ポイントはリクルートポイントで還元
  • リクルートポイントはPontaと相互利用可能
  • 海外/国内での旅行保険が適用対象

最高水準のポイント還元

ポイント還元率は年会費無料の中では最高クラスの
1.2%と非常に高い還元率を誇っています。

また以下のサービスについてはポイントが増額されます。

  1. ホットペッパーグルメ
  2. じゃらん
  3. ホットペッパービューティ
  4. ポンパレ
  5. その他リクルートのサービスサイト

これらのリクルートサービスを利用した場合は通常のポイント利用分に加え
リクルートサービス利用分として最大3%の還元がプラスされます。

楽天Edyのチャージもポイント加算されます

かつて、様々なカード会社が電子マネーを使うとそのチャージはショッピング売上としてポイント化できました。
実質ポイントの2重使いとされ、現在は一般的には不可です。

ですが、リクルートカードはVISAカードで下記のように使用できます。

  1. リクルートカードにて楽天Edyにチャージします。
    +1.2%
  2. 楽天Edyとして買い物をします。
    +0.5%
  3. ローソンにて楽天Edyを使った際にPontaカードを提示すると提示分としてポイント加算
    +1.0%

すると、2.7%までポイントが上がります。

少しの手間で通常クレジットカードの倍以上のポイントが手に入ります。スゴイ!

リクルートポイントはPontaポイントと等価交換です。
ローソンや大戸屋、ケンタッキー・フライド・チキンで使えます。

年会費無料なのに海外国内の旅行保険が付帯!

このサイトはこれまでも旅行保険を重視して紹介してきました。

リクルートカードは海外最大で2000万円 国内でも1000万円
(VISA/JCB共に、適用条件は入会時のパンフに記載)
またショッピング保険が年間200万円と無料カードとは思えません。

VISAとJCBのどちらを選ぶか

いままで書いてきたようにリクルートカードはリクルートカードはVISAとJCBがあります。選ぶ基準を上げます。

  • VISA
    メリット:チャージできる電子マネーが多い
    (nanaco 楽天Edy モバイルSuica SMART ICOCA)
    デメリット:ETC発行が新規発行手数料1000円(税別)
  • JCB
    メリット:ETCの発行手数料がかからない
    デメリット:チャージできる電子マネーが以下
    (nanaco モバイルSuica)

私はVISA一択ですね。リクルートカードはポイントが命です。

まとめ

リクルートカードはポイント還元額が高いカードです。
特に電子マネーのチャージでたまるので、普段現金で払っていた商品を電子マネー化するだけで年間10000ポイント以上貯まります。

チャージでポイントが変わってきましたので0.2ポイント差をつけました。

今回もご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする