ライフカードは普段使いにチョイスすれば効率的に貯まるカード(だった)

こんにちはTWです。

今回はポイントが使うたびに還元率がUPする
ショッピングには最適ライフカードの紹介です。

→2017/07以降は特典が変わります。

ライフカードの誕生月ポイント改悪!還元率が下がりお得度が下がります。
ライフカードの誕生月ポイント改悪!還元率が下がりお得度が下がります。
こんにちは ライフカードと言えば誕生月5倍還元率を筆頭にポイントが貯まって使えるお得なカードという存在でした。 残念なお知らせで...
スポンサーリンク

ライフカードのお得度を確認する

年会費は永年無料です。(保険なしの場合)
家族カード、ETCカードも無料です。

誕生月にポイント増額 ライフカードといえば誕生月に使う

クレジットカードをちょっと調べた人に有名なのはライフカードです。

  • ポイント還元率は通常0.5%ですが誕生月は2.5%に跳ね上がります。
    これが一般的なライフカードのプロモーションです。

買い物をメインで使うなら効率的に獲得

誕生月だけではありません!

  • また初年度は1.5%の還元、さらに年間利用額に応じて2%で上がります。
  • 年間50万円決済ごとに300ポイントプレゼント

ポイントの有効期限は5年、まとめて使えばポイント価値が上がる

通常のカードの起源は2-3年ですが、ライフカードは5年!
また、交換するポイントするが高ければ1ポイント毎の価値が上がります。

必要ポイント 交換例 ポイント価値 誕生月5倍
300 ANA900マイル 3マイル 3%
300 1500楽天P 5円相当 2.5%
1000 5000円商品券 5円相当 2.5%
1800 1万円商品券 5.55円 2.77%
8800 5万円商品券 5.68円相当 2.84%
15000 10万円商品券 6.67円相当 3.33%

なかなか15000円って大変そうな来ますが、

L-MALL等経由すればAmazon、Yahoo!ショッピングは最大2倍還元です。
また先に書きましたが、50万円毎の300ポイントもうまく貯めるコツですね。

使える幅も広いIDカードでしっかり貯まる

IDカードはコンビニはもちろん、マクドナルドなので使えますので、少額決済分もしっかり決済分だけポイントがたまる。

ここ凄く重要ですよ、一日500円使ったとして、月15000円、年間18000円分の小銭決済をクレカ使用として回せますのでしっかりお得な使用法も考えましょう

旅行保険付きか無しかを選べる便利さ

ライフカードは旅行保険の有り無しを申し込み時に選べます。

保険付きは初年度無料、翌年から年会費1250円(税抜)
VISA/Mastercard/JCBも選べる
あと、保険付きの家族カードは400円かかります。

  • 海外旅行保険 死亡重後遺症 2000万円
  • 傷害疾病   200万円
  • 賠償責任   2000万円
  • 携行品障害  20万円(免責3000円)
  • 国内旅行保険 死亡重後遺症 2000万円

海外は自動付帯、国内は利用付帯になりますので注意してください

丁度三井住友カードのクラッシックとクラッシングA
に近いですね。

VISAカードを比べる 三井住友VISAカード
VISAカードを比べる 三井住友VISAカード
こんにちは WTです。 今回からVISAカードに関してご紹介していきます。 AMEX特集は3回でしたので今回も1記事ではなら...

まとめ

まとめます。

ライフカードはメインカードにしてもいいカードだと思います。普段使いの決済のポイントが高いところを厚めにしているカードだからです。

ですが、旅行やエンターテイメントでは威力を発揮しません。

ポイント有効期間を計算しながらポイントをうまく貯めましょう。

あとは与信はたぶん少ない思いますのでしっかり使って限度額を上げていきましょう。


評価

・ライフカード    3.8点

今回もご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする