国内で発行可能な航空会社のマイレージサービス付きクレカまとめ その1

こんばんは TWです。

このサイトは比較サイトとして企画して立ち上げました。
全ての商品を使用しているわけはないんですが
クレジット属性ごとの”癖”については十分な知識の元、記事を書いております。

その中で気に入ったカードが見つかっていただければいいと思っています。

代表的なカード属性として”航空系カード”を何度か記事にいたしました。

国内/国際線のJAL/ANAカードのほか
無期限でマイルを貯め、14社へ移行できるAMEXのスカイトラベラー・カード
入会で即上級会員のAMEXのデルタ・スカイマイルを紹介しました。

国内にはこれ以外にも航空会社提携カードがありますので
今日はそれをご紹介します。

スポンサーリンク

海外航空会社系のクレジットカード

アリタリアVISAカード

アリタリア航空はイタリアのフラッグシップ航空会社ですが現在はアブダビのエティハド航空の傘下となっております。
エティハド航空は航空連合には加盟しておりませんが、アリタリア航空はスカイチーム参加としてコードシェアを行ってます。

アリタリアVISAカードは三井住友カードから提携カードとして発券されています。

アリタリアカードは一般/レディース/ゴールドと3種類あり
年会費はそれぞれ5000円/2500円/15000円(税抜)です。
さすがイタリア、女性に優しい!

ショッピングによる還元率は1%、
海外旅行保険がゴールドで5000万円
一般でも最大3000万円かかります。

私はこのカードを見たことがありません

クリスフライヤーVISAカード/JCBカード

クリスフライヤーはシンガポール航空によるマイル制度です。世界でも3指に入るサービスを提供されるシンガポール航空は
常に機材の新しさと、空港ラウンジのサービスが素晴らしいです。
シンガポールのチャンギ空港のビジネスクラスラウンジはよかったです。実はその上にファーストクラス専用がありますが、行ったことはないです。

クリスフライヤーVISAカードは三井住友カードによって発券されております。またJCBもクリスフライヤーJCBとして発券しておりレギュラー/ゴールドの全4種となります。

シンガポール航空はスターアライアンスなのでANAマイルと提携しております。ので、ANAカードでよろしいと思います。

カードフェイスが珍しいのでネタとして持っている方がいるかもしれませんね。

クリスフライヤーVISA

クリスフライヤーJCB

クリスフライヤーVISA

一般カード/ゴールドの2種 年会費は2500円/15000円です。

アリタリアカード同様、ショッピングによる還元率は1%、
海外旅行保険がゴールドで最大5000万円/一般は最大1000万円かかります。

※また、一般カードは初年度無料/ゴールドは初年度半額です

クリスフライヤーJCB

一般カード/ゴールドの2種 年会は2500円/15000円

JCBの場合はショッピングによる還元は同じく1%ですが
海外旅行保険で一般でも最大3000万円/ゴールドは最大1億円です。

またゴールドカードは以下保険が付帯されます。

  • 乗継遅延費用保険金
  • 出向遅延費用等保険金
  • 預託手荷物遅延費用保険金
  • 預託手荷物紛失費用保険金

これで私はシンガポール航空ポリシーを感じました。

※年会費は一般カードは初年度無料、ゴールドも10000円となります。

ロイヤルオーキッドプラスVISA/JCBカード

ロイヤルオーキッドはタイ国際航空のマイレージサービスです。

タイ航空もシンガポール航空と同じく、旅行専門誌やサービスランキングでは上位に必ずランクアップされており、機材の新しさ、質も高いことから安全ランキングではAをマークされています。

ロイヤルオーキッドカードも三井住友カードとJCBより発券されており、一般カード2種とVISAゴールドカードの2種類になります。

タイ国際航空もスターアライアンスなのでANAマイルと提携しております。ので、ANAカードでよろしいと思います。

ロイヤルオーキッドVISA

一般カード/ゴールドの2種 年会費は5000円/15000円です。

ショッピングによる還元は同じく1%です
海外旅行保険として一般は最大2000万円、ゴールドは5000万円です。

ロイヤルオーキッドプラスJCB

JCBのカードフェイスが素晴らしいです。一般も艶がありますね!

一般カード/ゴールドの2種 年会費は5000円/15000円です。

ショッピングによる還元は同じく1%です
海外旅行保険として一般は最大3000万円、ゴールドは1億円です。

またゴールドにもクリスフライヤーJCBにあった4つの特典もついてます。

  • 乗継遅延費用保険金
  • 出向遅延費用等保険金
  • 預託手荷物遅延費用保険金
  • 預託手荷物紛失費用保険金

調べてみると、まだでるはでるはなので次回に持ち越しです。

アジアもヨーロッパもアメリカも残ってます。

今回もご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする