国内で発行可能な航空会社のマイレージサービス付きクレカまとめ その2

こんばんは TWです。

前回は各航空会社の提携カードをご紹介しました。

今回も続きご紹介します。

前回記事はこちらです。

国内で発行可能な航空会社のマイレージサービス付きクレカまとめ その1
国内で発行可能な航空会社のマイレージサービス付きクレカまとめ その1
こんばんは TWです。 このサイトは比較サイトとして企画して立ち上げました。 全ての商品を使用しているわけはないんですが クレジッ...

スポンサーリンク

海外航空会社系のクレジットカード

フライング・ブルーVISAカード

フライング・ブルーはフランスのエールフランス航空とオランダのKLMオランダ航空で共同経営しているグループのマイレージサービスです。
スカイチーム参加としてコードシェアを行ってます。

フライング・ブルーVISAカードは三井住友カードからVISAがJCBからは提携カードとして発券されています。

フライング・ブルーはVISA一般/ゴールドとJCB一般/ゴールドと4種類発券されており
年会費(一般/ゴールド)
VISA1250円/10000円(税抜)
JCB5000円/15000円です。

VISAは他の航空会社のカードより少し割安ですね。

ショッピングによる還元率は1%、
VISAは海外旅行保険が一般はありませんがゴールドは最大5000万円となります。

JCBは海外旅行保険が一般で3000万円ゴールドは1億円が付帯されます。またシンガポール航空のように以下の保険も付帯されます。

  • 乗継遅延費用保険金
  • 出向遅延費用等保険金
  • 預託手荷物遅延費用保険金

ハワイアンエアラインズVISAカード

ハワイアン航空はその名の通りハワイへの運航を行っている航空会社です。1941年から運営されています。

アメリカの航空会社として年間800万人を超える旅客数を記録し、非常に評価されている航空会社です。

航空会社連合のマイレージサービスには加盟していませんが以下の航空会社とマイレージ交換が可能です。

全日本空輸、アメリカン航空、中国国際航空、チャイナエアライン、大韓航空、ジェットブルー航空、ヴァージン・アトランティック航空、ヴァージン・アメリカ、ヴァージン・オーストラリア

ハワイアンエアラインズVISAカードは三井住友カードによって発券されております。

一般カードとゴールドカードがあり

年会費は3000円/10000円(税抜)となります。

このカードは年2回までのラウンジサービスが受けれます。

還元率は1%
海外旅行保険については一般カードが最大2000万円
ゴールドカードが5000万円となります。

デルタスカイマイルJCB

以前にご紹介したAMEXのデルタスカイマイルですがJCBでも発行されております。

アライアンスはスカイチームです。

デルタスカイマイルJCB

年会費は

一般カード10000円、ゴールドは18000円、テイクオフカードが1500円です。

このカードは以下の様なベネフィットがありショッピングによるポイントが貯まりやすいです。

  • 失効期限なし
  • ショッピング一般カードで1.3%還元。ゴールドでは1.5%還元
  • ゴールドの年間継続で毎年2000マイルプレゼント

年会費が高い分、頑張ってますね。

海外航空保険も一般最大5000万円、ゴールド最大1億円
テイクオフカードも2000万円付帯です。

またゴールドは

  • 乗継遅延費用保険金
  • 出向遅延費用等保険金
  • 預託手荷物遅延費用保険金
  • 預託手荷物紛失費用保険金

も付与です。

ですが、デルタスカイマイルはAMEX一択です。
自動的に上級会員に勝るものはありません。

過去記事をご覧ください。

航空系クレジットカードでマイルの取得を考える 
航空系クレジットカードでマイルの取得を考える 
こんにちはWTです。 今回はマイル系のカードについてお伝えしたいと思います。 航空会社マイル系のカードについ...

Asiana Club JCB

韓国の航空会社はアシアナ航空JCBでカードがあります。

アシアナ航空はスターアライアンスのメンバーとして多くのANA便とのコードシェアをしています。

年会費は

一般カードが1250円、ゴールドが10000円(税別)です

マイル還元は1%と普通の航空系と同じになります。

アシアナClubはレギュラーカードに最大3000万円の海外旅行保険、ゴールドには最大1億円の保険を付帯してます。

またゴールドの価格が10000円(税別)ですが

  • 乗継遅延費用保険金
  • 出向遅延費用等保険金
  • 預託手荷物遅延費用保険金
  • 預託手荷物紛失費用保険金

が付帯してます。しっかりカバーされてますね。

CALJCBカード(チャイナエアライン)

チャイナエアラインのCALJCBです(カルと言うそうです)

チャイナエアラインはスカイチーム加盟の航空会社です。間違えやすいのですが、チャイナエアラインは台湾系です。

年会費は
一般カードが1250円、ゴールドが12000円(税抜)です。

チャイナエアラインはもしかして持ってもいいかもと思ってしまいました。ゴールドですが。

まず還元率が一般が1%、ゴールドが1.5%

レギュラーカードに最大3000万円の海外旅行保険、ゴールドには最大1億円の保険を付帯してます。

またゴールドの価格が12000円(税別)ですが
海外旅行保険だけではなく国内も最大5000万円付帯しさらに

  • 乗継遅延費用保険金
  • 出向遅延費用等保険金
  • 預託手荷物遅延費用保険金
  • 預託手荷物紛失費用保険金

が付帯してます。しっかりカバーされてますね。

そして日本発着便のマイルが25%UPされます。
ANAワイドゴールド的な感じでしょうか。
デルタでアメリカに行くも良し、フライング・ブルーでヨーロッパもアクセスできます
日本ー台湾間は週199便あります。便利ですね。

今回も次回に続きます。残りはあと3?

今回もご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする