スターアライアンス世界一周ファーストクラスでANA上級会員を目指すルートを探す

以前の話になりますが、ワンワールドの世界一周でのビジネスクラスとファーストクラスでの上級会員を取得を記事をあげさせていただきました。

ワンワールドで世界一周航空券を使いJAL上級会員を目指すルートを探す
ワンワールドで世界一周航空券を使いJAL上級会員を目指すルートを探す
こんにちは 先般りそなデビットカード放置で69,000マイルをGETした件を記事にさせていただきました。 ...

そのあと、スターアライアンスの世界一周ビジネスクラスで上級会員を目指すルーティングを作成しましたが、以下の問題がありました。

  • ソウルからの発券をおこなった。
  • 国内で4レグを利用し、ビジネスクラスの世界一周としては旨味がない。
  • 韓国からの発券のため、チケット代金が高い
世界一周航空券で航空会社上級会員向けのルートを探す 続き
世界一周航空券で航空会社上級会員向けのルートを探す 続き
前回、ワンワールドの上級会員になるルートを紹介させていただきました。改めて調べてみると、世界一周航空券の良し悪さがわかってきました。 ...

そこで再度ルーティングを作成し、世界一周を楽しみながら修行ができるルートを作りました。

今回はファーストクラスで世界一周を行い、ANAの上級会員のプラチナ会員を楽してゲットする方法をお伝えします。

スターアライアンスファーストクラスで世界一周でANA上級会員を目指す。

以前、同じような趣旨でワンワールドファーストクラス世界一周をルーティングしました。

決済のコツまで分かる!ワンワールド世界一周ファーストクラスで上級会員を目指す
決済のコツまで分かる!ワンワールド世界一周ファーストクラスで上級会員を目指す
ワンワールド世界一周航空券というチケットがあります。 本サイトでもぶっちぎりでの閲覧数の多いテーマです。 過去にも何回か上げさせ...

ファーストクラスにしたのは以下の理由です。

普通に生活していたら、世界一周のスケジュールを開けるだけでも大変です。それこそ、一生に一度できるかできないかというレベルかもしれません。その際に、エコノミーではなくファーストクラスだったらどのくらいかかるかを一旦考えてみるだけでもよいかなと思いまして。

世界一周は時間もかかりますし、そのためのスケジュールを開けるのは至難の業、本当に一生で何回かできるというレベルだと思います。

エコノミーで回るよりビジネスの方が魅力、だったらファーストクラスならなおのことですよね。見るだけタダですのでまずはご覧ください。

スポンサーリンク

スタアラ世界一周のルールについて

スターアライアンスでも世界一周するためのルール

スターアライアンス世界一周航空券のルールです。

  • 旅行を開始した国を終点とする
  • 出国から帰国まで10日以上あること
  • 有効期限は1年
  • ルートには太平洋横断、大西洋横断がそれぞれ1回必要
  • ヨーロッパ、中東およびアフリカのエリアとアジアと太平洋地域のエリア間での横断は1回のみ
  • 途中降機(ストップオーバー)は最低3回必要で最高15回まで
  • 最大で39,000マイルに日程を収めること

ワンワールドではない距離縛りが発生するため、使い勝手はワンワールドより下がります。

マイルおよびANAプレミアムポイント積算

世界一周航空券の予約クラスでの換算

予約クラスは以下になります。

  • ファーストクラス(A)=150%
  • ビジネスクラス=(D)=125%
  • エコノミー(Q)=70%

エコノミーは上級会員にはなれません。どうやってもなれませんので気を付けてください。

ビジネスクラスやファーストクラスでもビジネスの上限は48,750P
ファーストでも58,500PですのでANA内のフライトを入れながら上級会員になるのはしっかりとルーティングしないとなれません。

ANAの上級会員について

このページをご覧になる方ですのでお分かりかと思いますが、年間のプレミアムポイント獲得で上級会員になることができます。

ANAマイレージバンク
上級会員基準
必要プレミアム ポイントその他の条件ANAスーパーフライヤーズカードの入会
ダイヤモンド100,000ポイント
うち50,000ポイントはANAグループ便
150,000ポイントで
限定特典あり
可能
プラチナ50,000ポイント
うち25,000ポイントはANAグループ便
80,000ポイントで
限定特典あり
可能
ブロンズ30,000ポイント
うち15,000ポイントはANAグループ便
不可

またプラチナ以上の上級会員で永続的にゴールドメンバーを維持できるスーパーフライヤーズカードを申し込むことが可能となります。

ファーストクラスで快適にできるスターアライアンス世界一周

早速ですが、ルートはこちらになります。

※スターアライアンスのルートツールBook&Flyでの参照番号は
A8EA-2E70-B5A3-4A0C となります。

便名キャリア出発到着機材マイル(調整前)飛行時間
NH10(A)ANA
成田ニューヨークB777-300ER672312h30
UA1244(C)UAニューヨークロサンゼルスB757-20024585h55
UA1897(A)
(NH7234)
UAロサンゼルスシカゴB737-80017454h11
UA845(A)
(NH7256)
UAシカゴサンパウロB777521610h25
UA844(A)
(NH7257)
UAサンパウロシカゴB777521611h15
UA769(A)UAシカゴサンフランシスコB77718474h38
LH455(C)LHサンフランシスコフランクフルトA380568510h50
SQ25(A)SQフランクフルトシンガポールA380638712h10
SQ634(A)SQシンガポール羽田B777-300ER33126h55

地図上ではこちらになります。

今回も一部のユナイテッド便でANAのコードシェアがあります。
表上の(NH****)が対象になります。こちらをANAで予約することでANAのプラチナポイントに充当されます。

全旅程のうち、2区間だけがビジネスクラスですが、シンガポール航空の長距離路線とANAのJFK便をしっかりファーストクラスで味わえます。

全旅程マイルで57,266マイル、プラチナポイントで58,466P
内ANA換算プラチナポイントで26,932Pとなります。

ギリギリで達成します。

機材情報やラウンジなど

ANA

ANAは最新鋭のANA FIRST SQUAREシートです。

ANAの成田ファーストクラスラウンジ(SUITE LOUNGE)を利用できます。

プライバシーも保たれつつ、ダイニングも楽しめる、夢のラウンジです。

NRT/JFKのファーストクラスの運賃は最安で1,128,920円です。(往復)

ユナイテッド航空

ユナイテッドは新コンセプト「ユナイテッド・ポラリス」というコンセプトを打ち出し、シートも徐々に移行しています。

ラウンジもお洒落な空間でグッド。

アメリカの航空会社として初めてのスリープポッド(仮眠室)も用意

寝具は高級百貨店サックスフィフスアベニューを採用

しかし、肝心な機内は。

もう少し頑張っていただきたいレベル。LATAMのビジネスクラスみたい。

ルフトハンザ航空

ルフトハンザのビジネスクラスはスタッガードシートにもなっていない。残念。

シンガポール航空

今回の旅程の中で2回シンガポール航空のファーストクラスを利用できます。

しかもa380とB777を両方味わえます。

A380の個室型のシートは世界に先駆けてシンガポール航空が導入しました。

B777も高級感と広い座面が魅力

そして、シンガポール航空のファーストクラスラウンジは「なんちゃってラウンジ」ではなく、シンガポール航空のスィートかファーストクラスの乗客のみ解放されてます。BAのコンコルド・ルームやドーハのカタール航空のファーストクラスラウンジみたいな感じです。

もちろんダイニングが楽しめます。

おまけ

シンガポール航空のファーストクラスではドンペリニヨンとクリュグの両方が味わえます。

もう何回か書いているのですが決済について

今回のためだけでもAMEXのスカイトラベラー・プレミアに入会するのがよさそうな気がします。

  • 100円の利用ごとに5マイルを獲得可能
    今回の決済を行うと88,500マイル獲得
  • 入会ボーナスで5000ポイント=5,000マイル獲得
  • ファーストトラベル・ボーナスポイントで10,000ポイント獲得

計103,500マイル フライトだけでGETできます。

提携会社はこちら、ANAもシンガポール航空も入ってます。

https://www.americanexpress.com/japan/contents/point_program/service/special/mile/partner.shtml

有効期限は無期限なので、使いたいときに換えられる。便利です。

公式ページはこちら

今回のお値段について

お値段はこうなりました。

ワンワールドは132万円弱なので、お買い得感は低いかもしれません。ですがシンガポール航空のファーストクラスを2路線(お値段は150万円ほど)を利用したと思えば納得感があります。

今回この記事で100記事になりました。

皆様のおかげです。今回もご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする