ファーストクラスがなんとセール! しかもあのエティハド航空

なんとファーストクラスのセールが始まってます。
あのエティハド航空からヨーロッパ路線で販売開始です。

今日はこれをお伝えします。

エティハド航空 ファーストクラス・スペシャルセール

今回のセールは驚きました。ファーストクラスをセールとするのはメリットが多い反面、デメリットもあるからです。

メリット

  • 普段エティハド航空を使わずにほかの航空会社のF/Bクラスのターゲットを狙い撃ちで乗り換えさせられる

デメリット

  • 普段からFを利用しているユーザにただ値下げを行うことで利益が単純に減る

と言ったことで、限りあるファーストクラスの座席を使うのか、それとも空でも飛ばすのかというところに落ち着きます。

エティハド航空の今回のセールはずばりカタール航空対抗に見えます。

スポンサーリンク

セールの概要

セール期間と旅行期間

まずは販売期間と旅行期間を説明します。

  • 販売期間
    2017年8月3日~8月11日
  • 旅行期間
    2017年9月20日~12月20日
  • 旅行期間が1カ月

旅行期間が普通よりも極端に短い(6カ月~1年)というところが注意点でしょうか

対象都市

エティハド航空本拠地アブダビまで成田からアブダビまではどの都市もファースクラス利用

以下のヨーロッパ都市はアブダビから目的地まではファーストクラスで運航

目的地 アブダビからの路線 最安値(日本円)
ロンドン ファースト 522,460
パリ ファースト 506,750
フランクフルト ファースト 505,630
ミュンヘン ファースト 503,810
チューリッヒ ファースト 498,600

以下のヨーロッパ都市はアブダビから目的地まではビジネスクラスで運航

ダブリン/ミラノ/アテネ/ベオグラード/ベルリン/ブリュッセル/デュッセルドルフ/エジンバラ/イスタンブール/マドリード/マンチェスター/ミンスク/モスクワ/ローマ

といった形でファーストクラス運用をしていない便はビジネスクラスでって事です。

詳しいお値段は公式ページで

エティハド航空のファーストクラス利用者のメリット

世界有数のファーストクラスラウンジ

先日ファーストクラス利用者も利用できるファーストクラスラウンジの記事をあげましたので再確認を

エティハド航空ヤバい! あのレジデンスクラスの魅力が詰まった動画が公開
エティハド航空ヤバい! あのレジデンスクラスの魅力が詰まった動画が公開
エティハド航空をご存知でしょうか。過去に一度ファーストクラスのセールでご紹介したUAEアブダビの航空会社です。 今日、偶然にも...

レジデンスクラスのサービスも入っていますが、おおよそファーストクラスラウンジとして利用できます。

ストップオーバーで最大2日間5つ星のホテルを無料で滞在

ストップオーバーしてアブダビで滞在できる5つ星ホテルの最大2泊分の無料バウチャーが提供されます。

  • インターコンチネンタル
  • ハイアット
  • ヒルトン
  • ジュメイラ
  • セントレジス
  • マリオット
  • リッツカールトン

※上記はドーハの5つ星です。あまり変わりません。

以上のアブダビのホテルが最大2泊無料です。無料なんです!タダですよ!

なお、獲得マイルは250%の模様

250%も獲得できるとなると、合計のマイル数が成田/アブダビだけでも往復で5万マイル付与されます。もはや何が正しいのか分かりません。

豪華なキャビン

上記はエティハドのA380のファースト&レジデンスクラスの座席表です。広すぎだろ。。。。

ファースト・アパートメントと呼ばれる理由

いつも思うのですが、エティハド航空のファーストクラスはファースト・アパートメントと呼んでいます。

本当に住めちゃうのではないのでしょうか

ファーストクラスには夢がある。

エティハドやエミレーツなど、アライアンスに入っていない航空会社のファーストクラスは本当に乗るためには相当のコストがかかります

アライアンスに入っていれば世界一周航空券で「割安」にチケットを取り、フライトを楽しめますが、今回の様にファーストクラスをセールをするということが無ければハードルは相当高いです。

エティハドのファーストクラスのロンドン便の特価はまだ生きているようですのでこちらも検討の余地があるかと。

あのエティハド航空のファーストクラスがロンドン往復で激安
あのエティハド航空のファーストクラスがロンドン往復で激安
こんばんは 件名の様にエティハド航空が激安で販売されていると知り、いやいやあのエティハド航空のファーストクラスが安くなるわけないじゃん...

夢のようなファーストクラスの旅、なるべくお得に行きたいものです。

今回もご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする